命の母ホワイトより効果的?漢方 抑肝散でPMS・イライラに

PMSや日頃、何かの際にイライラが止まらない女性は「命の母ホワイト」に頼りたくなるかもしれません。

ただ、漢方が苦手でなければ「抑肝散」というツムラの漢方もおすすめです。

 






◆イライラは生理的なもの!漢方「抑肝散」でイライラを鎮める

漢方でイライラを抑えるのに効果的なのが、ツムラの54の「抑肝散」。

  • 更年期障害で情緒不安定でイライラ
  • 過緊張で肩こりや頭痛がひどい
  • イライラして家族にあたってしまう
  • 不眠気味

そんな症状の方が、よく飲まれる漢方です。

抑肝散(ヨクカンサン)という方剤です。神経の高ぶりをおさえ、また、筋肉の“こわばり”や“つっぱり”をゆるめて、心と体の状態をよくします。

具体的な症状としては、イライラ感や不眠などの精神神経症状、あるいは、手足のふるえ、けいれん、子供の夜なき、ひきつけなどに適応します。いわゆる“疳”の強い子供にも好んで用いられます。腹直筋が緊張していることも使用目安です。

本来、赤ちゃんや子供向けの漢方薬なのですが、病院では証(体質)にあまりこだわらず、さまざまな精神・神経疾患の補助薬として処方されています。たとえば、神経症、不眠症、さらには認知症や統合失調症、躁うつ病、てんかん、パーキンソン病などに対してです。

Ref:おくすり110番

 

◆規則正しい生活と運動を行ってみる

姉妹サイト関連記事『松居一代も?統合失調症や精神を病んでいるときの「投資」』では統合失調症の可能性にも触れていますが、アラカンは更年期障害でイライラしたり、情緒不安定になったりする人も。

その解決方法は、簡単にいえば「規則正しい生活」と「食事」と「運動」。

当たり前のことだけど、当たり前のことがなかなかできない“忙しい時代”ですよね。

抑肝散や命の母ホワイトを援用しつつ、きちんと朝起きて、三食食べる。ホルモンバランスを整える意味でも、軽い運動をするというのは大切です。

 

まとめ

女性にとって、PMSや更年期障害は悩みのタネ。

ただ、なるべく気にせず、漢方類で感情をコントロールしつつ、なるべくプラス思考でいることが大事ですよね。

抑肝散を使用して、規則正しい生活を心がけましょう。

 

<姉妹サイト関連記事>

松居一代も?統合失調症や精神を病んでいるときの「投資」










シェアありがとうございます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です