指紋も顔認証も…全ての個人情報が抜かれる時代に?

“ピースサイン”をもとに「指紋」から個人情報がハッキングされる時代といわれますね。

SNSを中心に、気軽に顔を晒してピースをしてしまえば、あらゆる個人情報が抜かれる可能性がある時代になってきているんです。

指紋照合はもちろん、今は「顔認証」でも色々な個人情報が抜かれる時代だといわれますよ。

 






◆恋愛遍歴も?指紋・顔認証で元カレ歴が分かる時代へ

指紋 顔認証 個人情報

10代の頃の初恋から、学生時代、お見合い、社会人になったときの“恋愛遍歴”までもが、顔認証や指紋照合で分かってしまう時代になってしまう可能性がかなり高いんです。

そもそも、SNSを中心に「サジェスト機能」は個人情報をもとにした“便利さ”がウリ。

位置情報を中心に、SNSでの「いいね」やamazonでの「購入履歴」は、もはや個人情報として“グレーゾーン”で抜かれている時代だともいえますよね。

ピースサインでの指紋のハッキングはもちろん、顔認証で“その人の犯罪歴”まで分かってしまう時代に。

特に、顔認証はジャニーズやももクロのコンサートで入場時にすでに導入されていますよね。

過去に付き合った人”が簡単に分かってしまう時代になる可能性もありえるんです。

 

◆指紋照合・顔認証で犯罪に合う危険性を避けるには?

指紋 顔認証 個人情報

ツイキャスやTwitterでの写真のアップ、Facebookでの家族写真や恋人との写真をアップするのも「友達まで公開」だろうが、「フォロワーのみに公開」していようが、アップされている写真は簡単に画像保存できますよね。

楽しい家族写真や恋人との写真は“承認欲求”などが勝って簡単にSNSにアップしてしまいがちですが、このようなことを避けるためにあえて「アナログ方式」を取るのも一つの手。

たとえば、スマホやデジカメで撮影した思い出の写真は、プリンタやプリント専門ショップで“手元に残す”という「アナログ回帰」が起こっていく可能性は高いかもしれませんよ。

手軽に個人情報をアップできるネット社会は、逆にいえば簡単に個人情報を抜かれる時代

SNSに自画撮り・家族写真・恋人との写真をアップするときは、“個人情報のこと”をしっかりと考えてからアップしたいですね。

 

まとめ

ネット上の情報、特に「サジェスト機能」や「サジェスト汚染」は2ちゃんねるでも有名な話題。

ネットリテラシーがない方が多い世の中にならないように、しっかりと個人情報は管理したいですよね。

「おまえの元カレ、俺の弟だったんだよ」なんてことが簡単に分かってしまう時代がくる前に、しっかり対策はしておきたいですね。










シェアありがとうございます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です