ノンストップでも「繊細チンピラ」が話題に

ノンストップで話題になっているのが「繊細チンピラ」。

誰でもネットで情報発信ができる時代なので、“揚げ足取り”はよく目にしますよね。

ノンストップでもドン引きだった「繊細チンピラ」とはどのようなものなんでしょうか?

 






◆繊細チンピラとは何?ネットに巣食う闇

ネットで攻撃的になり、揚げ足取りが多い存在が「繊細チンピラ」なんです。

繊細チンピラは“自分が悪いことをしていない”と感じているので、むしろ「正しいことしてますが?」という考え方の人が多いんです。

最近話題の「ネトウヨ」という存在も、繊細チンピラと呼ばれているようですね。

 

◆SNSでも!繊細チンピラの過激な攻撃方法とは

SNSで繊細チンピラが多いのが、「小さな揚げ足取り」から批判的なコメントを過激にしていくという方法。

人のSNSで揚げ足取りをして、嫌がらせができそうならとことん“叩く”というのが繊細チンピラの攻撃方法なんです。

ひどい場合には、2ちゃんねるなどにも拡散して「デマ」を流す繊細チンピラも多いんだとか。

風評被害はネット犯罪の行為にもなりやすいので、あまりに過激な行為は気をつけたほうがいいんです。

 

◆ネット炎上で繊細チンピラから風評被害にあったらどうする?

ネット炎上にもなりやすい、繊細チンピラによる「嫌がらせ」は“いちいち相手にしない”というのが最大の防御策なんです。

というのは、繊細チンピラは嫌がらせによって自尊心を埋める傾向があるから。

人に相手にしてもらうことで、自尊心が満たされ満足することが多いので、相手にされないと虚しさを覚えるものといわれますよね。

「スマイリーキクチ中傷被害事件」にもあるように、ネットは一度炎上すると大多数が「弱い者いじめ」をしてしまう現代社会なので、もっとも風評被害対策で大事なのが「鎮火するまで何もしない」ということなんです。

 

まとめ

ノンストップでは「もっと健全なことしたらええやん!」と千原せいじさんが言っていたのがまさに正論。

妬みや恨みに溢れる現代社会。

うまくストレス発散方法を見つけたいですよね。

 

<姉妹サイト関連記事>

SNSアカウント乗っ取り対処法は?ネットストーカーも

 

<参考・画像>

http://www.fujitv.co.jp










シェアありがとうございます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です