「黙祷なう」はさすがに不謹慎…?Twitterでも

「黙祷なう」とツイートし、なぜか自撮りやSNOWでの自撮りも目立った今日は、東日本大震災から6年経った2017年3月11日です。

「偽善じゃないの?」という声もありますが、被災があった現実と多くの人をなくした現実を“風化させてはいけない”という面では大事なこと。

そんな中の「黙祷なう」は、やや不謹慎ぶりが目立ったようです。

 

◆「黙祷」は偽善ではない

多くの人が亡くなった東日本大震災。「今更、被災者へ黙祷しても意味がないよ」なんて意見もありますが、人の悲しみをいつまでも“持っておく”ということは、人が亡くなったことへの悲しみを共有できるということなんです。

「偽善じゃん?」という方は、御家族が亡くなってもお葬式などは行わずに周囲に何もしない、と言っているのに近いものを感じてしまうという意見もありますよ。

 

◆「黙祷なう」はさすがに不謹慎か…

意味の分からない自撮りを含め、「黙祷なう」にはさすがに“日本人であれば”多くの人が怒りを感じたはず。

自撮りと一緒の「黙祷なう」には、さすがに多くの方が“怒り”を覚えたはず。

 

まとめ

「黙祷」に関しては、あれほどの被害を“風化させてはいけない”という意味もあるはずです。

その行為に対して云々よりかは、悲しみやあの時の教訓を今後に活かすということも大事。

決して、面白半分に“茶化す”のが黙祷ではないでしょう。

 

Eye-catching image by

ぱくたそ

シェアありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です