逃げ恥キスシーンがやばい

2016年10月スタートのドラマとしては、人気・視聴率ともに話題性が高かった『逃げるは恥だが役に立つ』こと、「逃げ恥」。

何より、新垣結衣さんことガッキー演じるみくりと、星野源さんが演じる“プロ独身”の平匡との掛け合いにキュンキュンしている方も多いのでは?

1話から9話までのダイジェストをおさらいして、10話・最終回を楽しみませんか?

 

◆星野源がガッキーに思いを募らせる場面にヤキモキ

「逃げ恥」では、みくり演じるガッキーと、津崎演じる星野源さんの「ハグシーン」がとにかく癒やされましたよね♡

「契約結婚」なので、正式な夫婦ではないからこその二人の密着具合に、ヤキモキした視聴者も多いのでは?

「平匡さんに何かあったら、私は平匡さんの味方です」のセリフに、多くの視聴者がキュン死したことは間違いありませんよね。

 

平匡も「男」!みくりと平匡の新婚旅行も話題に

京都への「新婚旅行」で星野源さん演じる平匡が隠し持っていたのが「滋養強壮剤」。

結局、平匡さんも「男」だったのが笑いを誘いました。実かこれ、藤井隆さん演じる日野が”気を利かせてしまった”という理由でしたよね。

「まむし」を華麗にスライディングさせた平匡さん、その後のトラブルも視聴者のツボだったのでは?

ガッキーの入浴シーンもあり、「神回」だとも言われていたんです。

みくりの思いと平匡の思いが交錯しつつ、なかなか通じ合えない二人に“ヤキモチ”は止まりませんでしたよね。

 

◆「逃げ恥」はキスシーンをきっかけに大きく動いていくことに…

みくりの元カレの誕生により、大きく心が動いてしまった平匡。

ガッキー演じるみくりに対する“気持ち”が大きく動くきっかけになりましたよね。

行き交う気持ちの交錯に、疲れ切ってしまったみくりに対し、平匡がしたキスシーンがまさに話題に。某・ネット掲示板のサーバーすら落ちてしまいましたよね。

キスをきっかけに、大きく変化していく二人。

「嬉しいのに、でも“契約結婚”」という図と、プロ独身(女性経験無し)の平匡さんの不器用さに、また視聴者もガッキー演じるみくりも“ヤキモチ”し続けることになりましたよね。

平匡自身は、なぜか罪悪感の塊に。

みくりと平匡のメールでのやり取りで、打ち解けあってきた二人。

でも、そこから不協和音が漂ってしまってきたんです。

 

◆「契約結婚」がいよいよ「本気の恋」になっていく瞬間

“従業員”としては表現できたはずの「好き」の表現。

いつしかガッキー演じるみくりが、素直に感情が出せなくなってきたのが印象的でしたよね。

二回目のキスをしたシーンも、キュン死間違いなし♡ その後のハグシーンで“死んでしまった”人も多かったですよね。

「いいですよ。平匡さんとなら、“そういうこと”しても……私は。平匡さんとなら……」

確実に“想い”が重なってきた二人。

でも、平匡さんの一言がとうとうガッキー演じるみくりを傷つけてしまいましたよね。

「無理です。僕には。みくりさんとはそういうことがしたいんじゃありません」

これがきっかけで、みくりがとうとう“逃亡”してしまうことになってしまいましたよね。

 

◆「逃げるは恥だが役に立つ」が現実に

「穴があったら入りたい」

“拒絶”だと思われたガッキー演じるみくりは、とうとう星野源さん演じる平匡から離れていくことに。

平匡の目の前から去ってしまった、ガッキー演じるみくり。

冷静に考えたみくりが出した答えでしたが、女性経験がない平匡さんのセリフに多くの男性が「同意」したのでは?

「拒絶されたみくりさんが“どう思うか”は、全く頭にありませんでした。ごめんなさい。未経験と知られるのが怖かった」

すでに“そのこと”をしっていたみくり。平匡の元に帰るといったシーンに、またキュン死してしまいましたよね。

◆9話では平匡が積極的に!10話以降はどうなる!?

9話では、すっかりと打ち解けたみくりと平匡。

やや積極的な姿勢を見せる姿勢に、今後どうなる!?と話題になりましたよね。

第10話は、15分拡大での放送。

最終回を含めてこれからの展開が気になって仕方ありませんね。

 

まとめ

いかがでした。

いよいよクライマックスに差し掛かってきた「逃げ恥」。

今回のダイジェストおさらいとともに、10話~最終回まで、みくりと平匡の展開から目が離せませんね。

(キャプチャはTBSオンデマンドから)

シェアありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です