受動喫煙防止策の足かせは「パチンコ屋」か

受動喫煙防止

受動喫煙防止策で色々と足かせになっていますよね。すんなりと「室内全面禁煙」といかないのには、小規模スナックやバー、そして居酒屋などの“タバコを吸う人が多い店舗”の反対運動が多いこともあります。

ただ、実は水面下では「パチンコ屋による圧力」は考えられないんでしょうか?

 

◆受動喫煙防止策はどうなる?子どもの健康にも最悪

たばこを吸う人も吸わない人も「煩わしい」と感じるのが副流煙です。

中には、「自分のたばこの煙は気にならないけど、隣でたばこを座れたらイライラする」なんて人もいるように、たばこの煙は「受動喫煙」となり、ニオイがとにかく気になりますよね。

しかも、受動喫煙により、健康被害が大きいのがたばこが近年「バッシング対象」になっている理由。

子供の将来や健康のことを考えて、なんとか「室内全面禁煙」に動いている団体も多いといいます。

 

◆パチンコ屋の圧力も?受動喫煙防止策の足かせ

パチンコ屋は、“深い闇”が隠されていますよね。

受動喫煙防止策の足かせは「パチンコ屋」か』では、パチンコの違法性や危険性も紹介しましたが、パチンコ屋には歴史的に色々と「闇」があるのも現実。

警察との癒着や天下り問題がある中、パチンコ屋は「煙がモクモクと煙っている」といった環境で、“依存性”に大きく密着しているのがパチンコ屋とタバコとも言えそうです。

ちなみに、パチンコ屋も「東京オリンピック」に向けて、かなりの市場縮小を迫られているようです。

ただ、パチンコ屋の“圧力”にもさまざまな政治的闇がありますよね。

「健康増進法」といった観点以外にも、政治的圧力+朝鮮マネーの闇が隠されているのでは?

 

まとめ

パチンコ屋では、「大当たり」での快感が忘れられずに“お金を捨てに行く”という人が多いですが、あまり健康的にいいとは思えませんよね。

経済的にも健康的にも「悪」だと言われがちなパチンコ屋。

受動喫煙防止策の足かせになっているのは、飲食店だけなのでしょうか?

受動喫煙防止

シェアありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です