更年期?イライラが止まらないときの対処法

毎日“イライラが止まらない”といった人はいませんか?

特に女性の場合は、生理前やPMSなどでイライラが止まらないということは多いもの。

できれば、イライラのない生活を送りたいものですが、何からの対処法はあるんでしょうか?

 






◆女性特有のイライラはどう対処すべきか

排卵期や生理前のPMSは、誰しもがイライラしたという経験をしているのでは?

女性特有のイライラなので、旦那やカレが「何でイライラしているの?」と聞いてくると、さらにイライラしてしまうものです。

こういった女性特有のイライラは、“受け入れる”ということも大事。ただ、できれば対処法があれば、それに越したことはないですよね。

 

◆更年期にも!女性特有のイライラを解消するには

40歳を越えてくると、PMSの他にも女性特有のイライラの原因である「更年期」が押し寄せてくる人もいます。

疲れが顕著に出てきやすく、生理不順になる人も多い更年期。

自分の体が、「まるで自分の体じゃない!」というほどイライラしてしまうケースも多いですが、こういった症状には食事や運動でストレスを解消することも大事。また、漢方などを摂るという手段もありなんです。

そもそも、更年期の症状は様々。

  • なんでもない時の発汗
  • イライラが止まらない
  • 体がだるくて、肩こりもひどい
  • めまいや頭痛
  • なんでもないときにドキドキする
など、他にも症状は様々。

これは女性ホルモンバランスの乱れによるものなので、高齢を受け入れたくない自分との葛藤が、さらにイライラの原因になってしまうんです。

特に、エストロゲンが減少してしまうことで起こりやすいのが、更年期の症状。そのストレスを改称するには、適度な運動をしストレスを解消することと、食欲を増進させることも大事

「自分だけ……なんでこんなにしんどいんだろう」という悩みを抱えれば抱えるほど、更年期の症状はひどくなりがちなので、気分の切り替えができる運動や、食事でのストレス解消は大切なんです。

 

◆イライラがひどいときには「自律神経失調症」も視野に

現代社会は「ストレス社会」と言われるので、様々な引き金でイライラが起こりやすいもの。

特に「自律神経失調症」になると、めまいや肩こり、生理不順やイライラと、まさに女性にとって悪循環が待ち寄せているんです。

自律神経失調症の場合も、適度な運動や食欲などのコントロールはもちろん、漢方なども視野に入れたいところ。

何より、肩こりや頭痛解消のためには、汗をかくというのも大事。

一度、自分の生活習慣を見直すのも「イライラ解消」につながるかもしれませんね。

 

まとめ

女性にとってのイライラは、なかなか難しいもの。

特に、旦那や彼氏に理解がないと、それもがストレスになってしまいますよね。

自分自身の体と向き合って、よいストレス解消を行い、更年期の難しさにも向き合ってみてください。

 

<姉妹サイト関連記事>

自律神経にも大事!? 腸活のコツとおすすめ運動










シェアありがとうございます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です