宗教性はふみカス以上!清水富美加よりお布施をする人たち

「幸福の科学に出家します!」の言葉を残し、電撃芸能界引退となった清水富美加さん。

ドラマ「まれ」で火がつき、最近はドラマ出演やCM出演も多かったですよね。

「幸福の科学に出家とか…宗教怖い」という意見も多いんですが、実は宗教にお布施をする“怖い人達”はもっといるんです。

 






◆清水富美加は一家で「幸福の科学」信者


By:清水富美加Twitter(現在は削除)

色々な宗教団体がある中で、「幸福の科学」はかなり知名度も高い宗教団体。

そんな「幸福の科学」に“出家する”といい、改名までして芸能界引退となる清水富美加さん対して、芸能界の被害もかなり大きいようです。


By:https://daily.c.yimg.jp

たとえばCMへのイメージ、決まっていたドラマの出演など、清水富美加さんの事務所だった「レプロ」も法的対策を講じようとしていそうですよね。

「レプロの月給制の闇」にもあるように、芸能界には様々な闇があるもの。

ただ、それ以上に「闇」なのが、清水富美加さんのご家族全員が、信者であったと言われること。

子どもというのは親の判断で傾向が強いので、親が信者であれば、周囲にどんな説明を受けても「信仰心」は強いものなんです。

 

◆幸福の科学より怖い…小さな宗教団体が女性に求める「お布施」


By:https://pbs.twimg.com

幸福の科学はともかく、他にも小さな宗教団体はたくさん。

芸能界にも「大きな“宗教団体”」に属する方々は多いですが、一般人の方にも「宗教団体」で洗脳されている人たちは多いと言われますよ。

たとえば、「教祖」という存在がいて、教祖と“寝る”ことで女性としての価値が上がるといった信仰心を持たせる宗教団体なんてめずらしくないんです。

しかも、教祖と“寝る”ことで、さらに「お布施」で金銭まで授与させるなんて宗教団体も多数。

「宗教の自由」があるにせよ、自分の正しい判断で行動できなくなる状況になる女性も多いんです。

 

◆宗教団体に洗脳されやすい女性の特徴


By:http://mensedge.net

マツコ・デラックスさんが「社会に閉塞感がある。もう皆、限界」といっているように、何かに頼らなければ“死ぬほどつらい”なんて心理状況になってしまいがちな人も。

結婚詐欺師に多い手口で、心の弱っている女性には「隙」があるので、少しずつ洗脳していきやすい女性って共通点があるんです。

 

献身的な性格

自分に自信が持てない状況

失恋や身近な存在の「死」によって生きた心地がしない

自分は生きている価値がないと思う

容姿に自信がない

優しくされることが快感だ

素直過ぎる性格と言われる

 

ふみカスはともかく、小さな宗教団体で自分を見失う女性人は数知れず……。

宗教の自由があるといっても、正しい判断ができる状態でいたいですよね。

 

まとめ

今回の清水富美加さんの芸能界引退騒動では、芸能界の「闇」や多くクローズアップされていますよね。

中には、仕事量だけは多いのに、契約書では「少ない月収制度」なんて芸能事務所もあるようなんです。

今回の騒動で清水富美加さんがその「月給制」に問題があったかどうかは分かりませんが、芸能界の闇が宗教性と多少の関連があることが見えそうですね。

 

Eye-catching image by

http://moco-garden.com










シェアありがとうございます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です