懲役40年は地獄?新社会人が頑張らなくていい理由

Twitterで一つのツイートに賛同する人が多数。

新社会人が働き始める新年度ですが、日本で“働いたり”、“結婚をしたり”することに対して「地獄」って感じる人も多いんです。

「懲役40年」=「社畜」の文化が話題になるほどの日本の働き方、見直すことはできないんでしょうか?

 






◆新社会人で遅刻した人もいるの?

遅刻は社会人になったら一番してはいけないことといわれますが、本当なんでしょうか?

「社畜文化」が強い日本なので、遅刻すると一斉に白い目で見られがちですよね。

ただ、多くの“元社会人”の方からもけっこうなエールがあるんです。

新社会人たりとも失敗はあるもの。

遅刻ぐらいでは退職にはならないので気楽にいっちゃいましょう♪

 

◆「懲役40年」もTwitterで話題に

ギャグぶりが全く感じることができない「懲役40年」。

実際に社会人になると、早朝に起きて、夜中に終電ギリギリで帰宅なんてことが当たり前になってしまう人も多い日本なので、仕事をするのがツライという人も多いですよね。


働くこと自体がツライ風潮がある日本では、新社会人に対して夢も希望もないのが現実なのかもしれません。

 

◆社畜で死ぬぐらいなら「頑張らない」のも選択肢

将来に対しての希望も何も感じられない国、日本。

毎日のようにどこかで「人身事故」があるぐらいなので、自分を追い込んでしまう人も多いんです。

でも、どうせ死ぬぐらいなら仕事を頑張らない方がいいと思いませんか?

ただ、ある程度豊かな生活がしたければ“働かない”という選択肢も難しいもの。

懲役40年のことは、気付いた時に釈放されていたらOKでは!?

 

まとめ

日本ではなかなか働くことが楽しいことと思えない環境もツライところ。

新社会人にとって「夢も希望もない……」と肩を落としてしまう現実を受け入れるか逃げるかは人それぞれ。

頑張って終身刑を勤め上げちゃいましょう!

 

Eye-catching image by

http://weheartit.com










シェアありがとうございます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です