もしものふたりも?ベッキー好感度回復に潜む「ステマの闇」

ベッキーさんといえば、2016年のはじめの“ゲス不倫”の報道が鮮明的。

あれから1年ほど経ち、ようやくテレビでの露出も増えてきたベッキーさん。

不倫相手だったゲス極の川谷絵音さんは、ほのかりんさんとの飲酒で事務所退社になってしまいましたよね。

実はこれが全て、ベッキーを取り巻く環境の“仕掛け”だとしたら、どう思いますか?

 






◆ベッキー好感度アップ!番組出演で見せた反省の顔


By:https://pbs.twimg.com

1年前とは打って変わって、すっかりとやせ細ってしまったベッキーさん。

騒動から1年、記者がつきまとう中でも、愛車のマニュアル車で故郷の川崎市まで足を運んでいたいんです。

目的地は「公園」。

完全変装をして、「怪しいと思われても、ベッキーとバレなければよかった」と番組出演で語ったベッキーさん。

誕生日も家族で“ひっそり”と迎え、つらい1年になったことは間違いないでしょう。

でもこの「番組構成」が、あまりにもベッキーさんに対して「同情的過ぎる!」とネットを中心に批判の声が多いのも事実なんです。

 

◆鬼女は忘れていない!「センテンススプリング」の本性


By:http://topic-intro.net

もともと“好感度が高い”ということがウリだったのがベッキーさん。

MCを中心に、様々な番組に引っ張りだこだったにも関わらず、2016年はゲス川谷さんとの“大騒動”で、すっかりと身を隠さざるをえないことになりましたよね。

Lomero過去記事でも触れているように、原因は“既婚なのに、ベッキーさんに手を出した川谷絵音さん”であることは間違いありません。

でも、ネットを中心に「その後の対応がまずかった」とされるのが、ベッキーさんのLINE流出。

開き直った姿に、「センテンススプリング」から始まる鬼女の怒りは、今も続いているんです。

 

◆実はベッキー好感度アップには「ステマ」が絡んでいる可能性も


By:https://pbs.twimg.com

世の中にはTVメディアの他に、情報を色々とPRしていく「PR会社」が数多く存在するんです。

今やネット社会なので通じないことが多いですが、3年前ぐらいまではネットメディアを中心に堂々と「ステマ」が広がっていたのも事実。

たとえば、商品を売りたければ、格安でPRしてくれる「ネットメディア」や「TV番組」に、イメージアップの構成から出稿までを依頼するということが当たり前にあった時代。

今はより“わかりにくいステマ”が存在するんですが、様々な芸能人の「ハニートラップ」や、「イメージアップ」にはPR会社が絡んでいることも多数。

今回のベッキーさんの“イメージアップ作戦”は、実際はどうだったんでしょうか?

 

まとめ

“できる女性”を連想させるショートヘアスタイルに、一年前とは打って変わって“激ヤセ”したベッキーさん。

愛車はマニュアル車でスポーティーなイメージで、「次こそは、人に祝福される恋愛がしたい」と語ったベッキーさんですが、2017年はどのように活躍するかにも注目ですね。










シェアありがとうございます!