松居一代 「バイアグラ100ml男・フニャ越」と全面戦争へ

バイアグラ100ml男

松居一代さんがとうとう「バイアグラ100ml男・フニャ越」さんとの全面戦争を宣言。

もはやこれまでの松居一代さんの暴走は誰にも止めることができていませんよね。

もはやどちらに転んでも完敗な「バイアグラ100ml男」の異名を掲げられた船越さん。今後、離婚調停に入ることがデキるんでしょうか?

 

◆松居一代大失態!? バイアグラ100mlはもはや致死量

バイアグラ100ml男
By:Twitter

もはや誰にも止めることができない大暴走を続ける松居一代さん。第二弾の動画で「船越英一郎 バイアグラ100ml使用」の文字が踊っていましたが、もちろんバイアグラ100mlは致死量。

「もしかしてmlとgを間違っている?」の声にもお構いなしですよね。

おそらく松居一代さん、あえてグラム表示をさけて、ミリリットル表示で興味を誘っているところがまさに「策士」。

愛する旦那様・船越英一郎さんこと、“フニャ越”の異名をつけるために、あえてバイアグラで話題性を高くしているんです。

ちなみにバイアグラを飲み続けると、出しても出してもギンギンになってしまうようなんです。

松居一代さんの前では「俺、糖尿なんだよ。もう機能しない」と言っていたことも予測される船越英一郎さんですが、まさか愛人のエステティシャンとバイアグラを使用しているとは、松居一代さんも想像だにしていなかったはず。

もちろん、バイアグラを100ml飲むと、当時の江頭2:50さんのように“死にかける”どころかもはや「死」へ直結してしまいかねません。

「バイアグラ100ml男・フニャ越」の異名を掲げたまま“Go Go Heaven”するのは、本人にとっても屈辱以外のなにものでもないはず。

ここまで顔に泥を塗られると、船越英一郎さんの俳優人生も心配ですよね。

 

◆Twitterでも「バイアグラ100ml男」のパワーワードがトレンド入り

もはや天下無双の大将軍と言わんばかりの大暴走を続ける松居一代さん。

旦那様である船越英一郎さんは、たとえ離婚調停を申し立ててもおそらく出廷しない可能性大。

これまで「錯乱」を演じるなどしている可能性が高く、「バイアグラ100ml男」のml表示も、おそらく「策士」ならではの、あえての間違いなのでしょう。

だって、100mlのバイアグラなんて、もはや破壊兵器以外のなにものでもないんですから。

Twitterでも、「バイアグラ100ml男」のパワーワードで、すっかりと“おもちゃ”になっていますよね。



“全面降伏”どころか、“全面戦争”へと突き進む松居一代さん。

おそらく、これまでのどの宣伝よりも、バイアグラの売上に貢献しているのは間違いありません。

 

まとめ

松居一代さんですが、「策士策に溺れる」という状況が心配されるのは、本人が本当に精神疾患を患っている場合なんです。

女性の場合、不倫や浮気をされれば“冷静なつもり”でも冷静ではないことが多いですよね。

姉妹サイトLomero記事『松居一代 文春事件&恐怖の船越英一郎ノートとバイアグラ不倫』でも危惧しているのが「妄想性パーソナリティ障害」。

「バイアグラ100ml男」こと船越英一郎さんが“本当に不倫しているかどうか”は、まだ闇の中にあるはずなんです。

今後、船越英一郎さんが“バイアグラ100ml男”や“フニャ越”といじられるのが心配でなりません。

 

<姉妹サイト関連記事>

松居一代 文春事件&恐怖の船越英一郎ノートとバイアグラ不倫

バイアグラ100ml男

シェアありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です