バリカンでセルフカットしたら掃除機の出番!でもできればもっと簡単に片付けられる方法は?

バリカンでのセルフカット、これは時間とお金の節約に大きく貢献してくれます。

家庭用バリカン自体、5000円程度で性能の良いものが手に入ります。

プロ仕様の物でも、1万円程度で購入が可能です。

床屋代や美容院代の節約に、大いに利用したいところです。

でも1つだけバリカンのセルフカット、面倒なことがあるんですよね。

バリカンでのセルフカットには掃除がつきもの

昔なら家の庭でお母さんが、などということもありましたセルフカットですが、今ではそういう風景も無くなってきました。

だいたい都会の一戸建て、今では庭のついたものは珍しくさえなっています。

なのでセルフカットも、風呂場やリビングでという家庭が多いでしょう。

集合住宅だとそもそも庭はありませんし、ベランダなどでのカットだと近隣から苦情も来ます。

かくして家の中での作業になるのですが、この唯一の欠点が髪の毛の飛び散りです。

しかもハサミと違って、かなり細かい短い髪の毛が散らばります。

ミリ単位での、機種によっては0.2ミリ単位くらいでのカットが可能なのですから、ハサミでのカットとは比べ物にならない細かい飛び散りがあるのです。

新聞紙を敷いたりと防御しても、絶対にどこかに飛び散っているというのは、掃除好きの人には許せないことですよね。

カットの後に掃除機の登場は、もちろん当たり前です。

ロボット掃除機も動員して、徹底的に掃除してしまう人も少なくないと思われます。

掃除の前にカット、と決めている人ももちろんこれ合理的です。

でもこの飛び散り、そうまでしても後で発見されたりもします。

何か他に手はないのでしょうか。

実は吸引式のバリカンも

まだ機種はそれほど多くないのですが、吸引式のバリカンもあります。

カットしながら本体に吸引していくタイプです。

使った人によると、飛び散りが非常に減ったし便利だとのことです。

実際、刈っていく端から吸引してくれるのですから、これは面倒がありませんし細かい飛び散りは激減します。

唯一問題があるとすれば、吸引部が刃先のあたりにあるので、強すぎると皮膚も引っ張られ弱すぎると充分に吸い込めないということです。

またこうした品の場合、本体に毛くずが溜まっていく仕様なので、溜め込む部分が小さい場合はカット中に何度も中身をあけなくてはいけません。

またこうして吸引していても、やはりそれなりに毛くずは落ちます。

後で掃除機の出番が、やはり来ることになるのです。

掃除機につなげて吸い込むバリカン

掃除機とバリカン、密接に関係するこの2つの機械、いっそくっつけて使用すればと考えた人がいたのですね。

掃除機につなげて使用するバリカン、実は存在するのです。

掃除機につなげて吸い込みつつカットだと

バリカン本体と、掃除機につなげるアタッチメントやホースをセットしたバリカンもあります。

それこそ吸い込みつつカットできるので、かなり後の手間いらずになります。

吸引式と同じに見えますが、大きなメリットとして毛くずの吸い込みの容量が大きいということが上げられます。

掃除機の紙パックやゴミボックスの容量だけ、毛くずを吸い込み続けることが出来るのです。

普通に一人分のカットなら、途中で髪の毛を捨てるなどしないで済みますね。

吸い込む部分が刃先から離れているので

バリカンの尻尾の部分にアタッチメントを装着、そこに掃除機のホースを繋いで使うので、吸引場所は刃先から離れます。

なので直接皮膚を引っ張られるという吸引は、感じなくて済みます。

もちろんちょっと引っ張られる感じはしますが、本体で吸引するタイプのものよりもソフトです。

そのまま掃除機がその後使用できる

それでもちょっとばらまかれてしまった毛くずは、バリカンを外してそのまま掃除機で掃除できます。

カット中に落ちた髪の毛も、その場で処理できます。

カット後にいちいち掃除機を出して、と言う手間も省けるのです。

音には注意を

デメリットとしては、騒音です。

掃除機の音は結構うるさいですし、それと同時にバリカンの音もとなると、夜など静かな時間には周囲の迷惑になることもあります。

この手のバリカン実はペット用も

人間の髪の毛も量がありますが、ペットが全身毛が生えています。

これを自宅でカットとなると、毛の飛び散りも大変ですしその後の掃除もかなりの手間です。

こちらもカットしながら吸い込めればと考えますよね。

そんな場合にはペット専用のバリカンで、このタイプの掃除機取付可能な製品がおすすめです。

実際にペット用バリカンでこのタイプがあるので、自宅での簡単なカットに便利に利用することが可能です。

毛足の長い犬などの場合、特に伸ばしすぎると毛玉どころではなく、ドレッドヘアになりかねません。

そうなる前のお手入れが大事ですが、ペット専門のカットなどかなりお財布が辛い金額です。

見栄えはともかく、専門家のカットへのつなぎとしての利用は十分にできますし、毛の散らばりも抑えられますのでおすすめです。

ただ神経質な犬の場合、バリカンの音と掃除機の音で驚かせてしまうこともあります。

掃除機の音や、人間用のバリカンの音を聞かせて、機械を近づけても大丈夫かどうか確認して下さい。

そのあたりをよく注意して使用したいですね。

まとめ

掃除機とバリカン、普通はバリカンを使用した後に掃除機の出番です。

でもこれを同時に使用したら、後の面倒は減りますし、すでに出ている掃除機でもうひと押しの掃除となれば、ぐっと気持ちも楽になります。

次のバリカンの購入の時に、こうした品も候補に入れてみませんか。